【公式LINE】限定動画プレゼント中!

イベントスペースは運営するのが大変だけど利益が取りやすい

イベントスペースは運営が大変だけど稼ぎやすいスペース運営

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、イベントスペースは運営するのが大変だけど利益が取りやすいということを書いていきます。

みつ
みつ

どんどん利益取っていこう

ぽこ犬
ぽこ犬

利益だけに走るのは注意だよ

イベントスペースは利益が取りやすい

レンタルスペースの認知度が急上昇していて、ママ会や女子会といったイベントが開催できるようなレンタルスペースの需要が増えています。

イベントスペースは利益が取りやすい、けど注意点もあるのでそのあたりについて詳しく見ていきますね。

あわせて読みたい
イベントスペースだけは絶対に運営しない方が良い3つの理由
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、「イベントスペースだけは絶対に運営しない方が良い理由」について書いていきます。みつイベントスペースって流行っていて良さそうだけど、軽い気持ちで始めると大変なことにな...

イベントスペースってどんなの?

レンタルスペースと一言でいっても会議ができる貸し会議室ダンスができるレンタルスタジオ整体やエステのレンタルサロンイベントができるイベントスペースなどコンセプトは様々です。

レンタルスペースといえば数年前まで貸し会議室が主流でした。ただテーブルと椅子を設置するだけで簡単にオープンできるので、貸し会議室は飽和状態となり今では利益を取るのが難しくなっています

イベントスペースとは、ママ会や女子会といったパーティーやイベントができるスペースです。

オシャレなテーブルや椅子、ソファといったインテリアを取り揃えていたり、テレビゲームができたり、料理ができたり、備品が充実しているところが多いイメージです。

イベントスペースの需要は高い

首都圏を中心にレンタルスペースの認知度が上がってきていて、イベントやパーティーをやる際にレンタルスペースが候補のうちの1つとして挙げられるのが常識になりつつあります。

女子会、ママ会、ハロウィンパーティー、クリスマス会、婚活パーティー、合コン、鍋パーティー、たこ焼きパーティー、同窓会、仲の良い友だちとの集まりなどなど、用途はさまざま。

実際に都内でイベントスペースを運営しているぼくの知り合いがいるんですが、良い感じで予約が入ってきているとのこと。

このブログから問い合わせをしてくれたナニワさんも大阪でうまくいっています。

イベントスペースの問題点

需要が高いイベントスペースですが、いくつか問題点があります。

  • リピート率がめちゃ低い
  • 掃除が大変
  • 飽和状態になるかも

1つずつ見ていきますね。

リピート率がめちゃ低い

イベントで利用される方がほとんどなので、リピート率が圧倒的に低いという問題があります。

たとえばたこ焼きパーティーでレンタルスペースを利用したとして、毎週毎週同じメンバーが集まって同じ場所でたこ焼きパーティーをやるか?という話です。

毎週どころか毎月同じ場所でたこ焼きパーティーをやるというのも非現実的で、一度スペースを利用したら二度と使わないというお客さんがほとんどでしょう。

実際にイベントスペースを運営している方に聞くと、みなさん口を揃えて「リピート率が低い」とおっしゃります。

それって経営的には結構怖いところで、今は新規の方が予約してくれるのでいいと思いますが、そこが途絶えると一気に売上が落ちます

今月の売上が全然予測できないって、毎月ヒヤヒヤもんです。

ちなみにぼくが運営しているダンスができるレンタルスタジオですが、7割がリピーターです。

もちろん一度だけ利用してリピートしてくれない方もたくさんいますが、予約してくれる方の多くが日常的にダンスをされる方なので、積み上げ式で毎日見込み客が増えていくイメージです。

掃除が大変

イベントスペースは、貸し会議室やレンタルスタジオ、レンタルサロンに比べて掃除が大変です。

会議やダンス、エステであれば部屋が汚れることはあまりありませんが、パーティーとなると話が変わってきます。

特にスペース内で料理をするなんてことになると、ゴミが出たり食器や調理器具が使われたり、臭いが残ったりと何かと汚れます

お客さんに片付けをしてもらうとしても、入室したときと同じように綺麗にしてくれというのは無理があります。

もしゴミが残っていたり、食器が片付いていなかったり、臭いが残ったままだと確実にクレームになります。

口コミが悪いとその分予約が入りづらくなるため、スペースは常に綺麗にしておきたいところ。

飽和状態になるかも

貸し会議室の例でいうと、流行り始めた頃はよかったものの、だんだんとスペースが増えてきて飽和状態になりました。

イベントスペースも例外ではなく、今は近くにライバルスペースが少なかったとしても今後増えてくる流れになりそうです。

イベントスペースって作りやすいので参入するハードルは低く、誰でもわりと気軽に立ち上がることができてしまいます。

また、2018年に民泊の法律が変わったんですが、その関係で民泊を続けられなくなったスペースがこぞってイベントスペースに流れたという事実があります。

そんなこんなで、数年後といった近い将来、イベントスペースでは利益が取れないという状況になるかもしれません。

イベントスペースとして生き残るには?

今は利益が取りやすいけど、何かと問題があるイベントスペース。

今後も安定して利益を出すためには、リピート率を上げるのが一番だと思っています。

どうやってリピート率を上げるのか?ということですが、ずばりイベント主催者に使ってもらう。これが本気でおススメです。

イベント主催者であれば定期的にスペースを使ってくれるし、繰り返し利用してもらうのでスペースのルールもきちんと把握してくれます。

控えめに言ってもイベント主催者と組むのは最高なので、ここの集客に時間とお金をかけるべきです。

イベントスペースとして生き残るにはどうすれば良いか?ということは別記事で詳しくまとめてみます。

まとめ

今回は、イベントスペースは運営するのが大変だけど利益が取りやすいということを書きました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_LINE