ホームページは1秒勝負!選んでもらうために意識するべきこと

選んでもらうには1秒勝負 ホームページ作成

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、ホームページで選んでもらうために意識するべきことについて書いていきます。

勝負は1秒。勝つためにやるべきこと

レンタルスペースを探している人が、めでたくぼくらのホームページに来てくれた。でもここで喜んではいけません。ホームページに来てもらうのが目的ではなく、そこから予約を獲得することが本来の目的です。

予約を獲得するためには、お客さんが知りたい情報がわかりやすく載っているか?簡単に予約ができるか?といったところが大切です。

でもその前に、ホームページに興味を持ってもらう必要があります。パッと見て「なんか違うなぁ」と思われたら、その瞬間ページを閉じられてしまいます。

勝負は1秒。ここで離脱されないためにはどうすれば良いか?この記事では、そのあたりの考えを書いていきます。

あわせて読みたい
【毎日予約が入る!】基本だけど見落としがちなホームページの作り方
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、「毎日予約が入る!基本だけど見落としがちなホームページの作り方」について書いていきます。みつホームページの出来によって、お店の売上が決まると言っても過言ではないね。...

トップページの上の部分が一番重要!

まず多くの人が最初にたどり着くのは、ホームページのトップページです。

しかもトップページの上の部分。長々と文章が書かれていても、下の方まで丁寧に読む人はいないと思っておいた方が良いです。

トップページの上部(ホームページにたどり着いたときに最初に表示される部分)でいかに興味を引くか?です。

これができないと、「あっこのページなんか違うな。他のところ探そっ」となってしまいます。

どんなページだと興味を持ってもらいやすいか?

見る人によって感性はさまざまなので、必ずこうだ!というものはありません。

ターゲットを絞っていると思いますが、そのターゲットに響くような作りが理想です。

例として、ぼくのレンタルスタジオのトップページをご覧ください。

レンタルスタジオトップページ

ダンスができるレンタルスタジオです。

このスペースはダンスができるレンタルスタジオで、ターゲットとしてはダンスの場所を探している人です。

パッと見たときにイメージしてもらえるよう、写真を載せました。このホームページにたどり着いた方は「あっダンスができそうなスペースだな」と認識してくれるでしょう。

あとは横浜駅徒歩7分、当日の予約もできる、24時間営業というスペースの強みを出しました。「横浜駅から歩けるし、24時間やってて当日の予約もできるのかぁ。なんか良さそうだな」と思ってもらえたら、こっちのものです。

あと料金やスペースの広さですが、予約する人全員が気にするところです。大事な情報なのでもちろんわかりやすいところに記載するべきです。(↑の画像にはないですが、このすぐ下に料金や広さの記載をしています)

トップ画像で興味を持った方は必ず料金や広さを調べると思ったので、あえて画像内には料金を入れ込まずその他の強みを入れました。(1時間1000円とか料金の安さが強みで前面に出したいということであれば、トップ画像に入れ込んでもいいかもです)

あまりごちゃごちゃ入れ込むのはNG

注意点として、あまり情報を入れ過ぎるもの逆効果ということです。

ターゲットの興味を引くため、あれもこれも入れたくなる気持ちもわかりますが、ごちゃごちゃしているとうるさいとなります。

ぼくのレンタルスタジオのターゲットはダンスができる場所を探している人なのですが、もっというとその中でもダンス教室の先生です。

先生をターゲットとしているのですが、その先生たちが一番悩んでいるのが生徒さんの集客です。ぼくは場所を貸すだけでなく生徒さんを集めるためのサポートもしています。そこがぼくのスペースの強みなので、本当はそのサービスを真っ先に先生に伝えたいのです。

でも最上部には集客サポートのことは入れていません。理由としては、

  • 情報を入れ過ぎるとごちゃごちゃするから
  • 集客サポート以前に、まずは場所ありきの話だから
  • 教室の先生以外の人にも使ってもらいたいから

このあたりです。

横浜駅徒歩7分!当日予約OK!24時間営業!しかも集客サポートします!だと情報が多くてちょっとうるさい感じがします。

しかも集客サポートっていきなり言われても「???」になりそうです。順序としては、うちのスペースはダンスをするのにもってこいです→○○のため教室を開くのに向いているんです→しかもなんと集客のサポートまでしています。

こんな流れだと、「おぉ教室開くのにこのスペース良さそう」となるわけです。

あと、ターゲットをダンス教室の先生としていますが、教室だけでなく個人の方からの予約もいただきたいという考えです。

個人でレンタルスタジオを探している人にとって、「集客サポート?いらね」と雑音になってしまうので、トップ画像には入れていません。

ターゲットを絞ることで、こちらが訴求力を高めるというのは大事なんですが、お客さんの母数を減らすようなことはしたくないというのがぼくの考えです。

ターゲットを絞ることについて書いた記事があるので、そちらも読んでみてください。

あわせて読みたい
「ターゲットを絞る」の本当の目的を勘違いしている人が多い気がする
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、「ターゲットを絞る」ことに対する本当の意味について書いていきます。みつターゲットを絞るのってなんだか勇気がいるよねぽこ犬あれもこれもと欲張ると、あ...

まとめ

今回は、ホームページで選んでもらうために意識するべきことについて書きました。

ホームページにたどり着いてから勝負は1秒。そのために、トップページの上部にターゲットとなる人が興味を引くような内容を入れ込む。でもあまりごちゃごちゃ情報を入れ込むと逆効果なので注意が必要ということでしたね。

最後までお読みいただきありがとうございました。