ダンス教室の先生が最も困っていることは生徒さんを集客すること

教室の先生は集客に困っている 集客・マーケティング

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、ダンス教室の先生が最も困っていることは生徒さんの集客ということを書いていきます。

生徒さんの集客が一番の課題

生徒さんの集客。これが課題となっている教室の先生が多くいらっしゃいます。集客がネックで教室が開講できないというもあるぐらい、大きな問題です。

集客に対して苦手意識を持っている先生が多いので、ぼくらレンタルスペース運営者としてはその苦手意識を払しょくさせることができたら最高です。

集客に困っている先生は多い

ぼくのレンタルスペースでは、複数のダンス教室の先生がスペースを使ってくれています。先生たちとお話をする機会があるのですか、多くの先生が口をそろえていうのが生徒さんの集客が課題ということです。

先生の経験が長かったり、カリスマ的な先生の場合は生徒さんが付きやすかったりしますが、これから教室を始めるという先生は集客に苦戦される方が多いです。ダンス教室の先生って生徒さんを集める集客に関して苦手意識を持っている人が多く、集客が得意と言っている先生ってあまり見たことがありません。

集客が苦手とはどういうことか?

集客が苦手という先生が多いのですが、集客というよりもSNSやブログ、ホームページなどネットに対して苦手意識を持っている人が多い印象です。

思うのは集客が苦手というのは、ネットに対して苦手意識がある。苦手意識があるのはやったことがないからで、本当に苦手とは限らないということです。

何事もやったことがないことに対して不安はありますが、実際にやってみたら意外に簡単にできたという経験はあると思います。なのでまずはやってみるのが大事で、その上で得意か苦手かどうかがわかります。

レンタルスペース運営者のぼくらの役目として、まずはやってみようと教室の先生に強くお伝えするということだと思っています。

まとめ

今回は、ダンス教室の先生が最も困っていることは生徒さんの集客ということを書きました。

集客を苦手とする先生が多いのですが、苦手意識を持っているだけで本当に苦手とは限りません。ぼくらレンタルスペース運営者が、その苦手意識を払しょくしてあげることができたら良いですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。