【無料メール講座】3大特典プレゼント中!

レンタルスペースって稼ぎやすいけど、正直に問題点を伝えておきます

レンタルスペースの問題点思うこと

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、「レンタルスペースって稼ぎやすいけど、正直に問題点をお伝えします」ということを書いていきます。

みつ
みつ

何やるにも問題は出てくるが、事前にわかっていたら安心だよね

ぽこ犬
ぽこ犬

うん、問題点とか全部ぶちまけてしまえ!

レンタルスペースの問題点を話していきます

3年間レンタルスペースを運営しているぼくですが、問題点というかネックになることは正直あります。どのビジネスでも大なり小なり問題はありそうですが、そこを乗り越えて強くなっていく。そんな風に前向きに考えています。

レンタルスペースの問題点
  • 物件が見つかりづらい
  • 売上が安定しない
  • 物件を持つリスクがある
  • なんだかんだで手間がかかる

主に4つありますが、1つずつ見ていきますね。

物件がなかなか見つからない件

これは運営する前の話ですが、レンタルスペースの物件は正直見つかりづらいです。

というのも、飲食店やエステに比べ認知度が低く、ちょっと年配の大家さんからすると「レンタルスペースってなんだ?不特定多数の人にスペースを貸し出す?そんなよくわからんのはダメだ」となる場合があります。

駅近で条件が良い物件であれば、わざわざよくわからんレンタルスペースで貸さなくても、早い段階で他の申し込みが入ります。

逆に条件が悪い物件であればレンタルスペースでもOKだったりします。ただ「駅から遠い」「めちゃめちゃ古臭い」「狭い」というような、売上を上げるのに足かせになりそうな条件が付くこともあるので注意が必要です。

物件がなかなか見つからない」ということは、ライバルが増えにくいとも言えます。「今日明日で簡単に物件が見つかり、しかも儲かる」ビジネスであれば、その分いろんな人が参入してこようとします。

そうなるとライバルが増え飽和状態。1つの街に何十店舗もある美容室歯医者みたいになってしまいます。(美容室や歯医者は簡単に儲かるビジネスではないと思いますが、店舗数はめちゃ多いですね)

そういった意味では、なかなか物件が見つからないレンタルスペースはライバルが参入しづらい穴場的なビジネスなのかもしれません。

売上が安定しない件

これは企業努力によりますが、なかなか売り上げが安定しない場合もあります。

ぼくのレンタルスペースのお客さんは7割以上がリピーターです。そうなると新たにがんばって集客をしなくても売上は安定しやすいです。

ただ、リピーターが少ないと毎月毎月ちゃんと売上は上がるのか?とハラハラです。イベントスペースのように単発利用が多い場合それに当たりますが、リピーターが多い客層にターゲットを絞ることで解消できます。

もう1ついえるのが、レンタルスペースは少数の太客に頼らないビジネスです。

これはビジネスをやる上で大事なことですが、たとえば売上の半分を1人のお客さんが出していたとします。これだけ貢献してくれるのはありがたい話ですが、もしこの方が来月いなくなったらどうなるでしょう。売上が一気に半減します。

1人のお客さんから10万円」より、「1万円のお客さんが10人」の方がいいです。一発逆転的な考えで、前は前者のような大口のお客さんを狙っていましたが、それは間違いだったと気付きました。1人のお客さんに頼るのはあまりにもリスクなのです。

ちょっと話がそれましたが、「単発利用が多い」「少数のお客さんが売上を出している」という場合は売上が安定しないため要注意です。

合わせて読みたい
「レンタルスタジオ」は貸し会議室の3倍売上を上げられるという事実
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、「レンタルスタジオは貸し会議室の3倍売上を上げられる」ということについて書いていきます。貸し会議室とレンタルスタジオの違いぼくはこれまで「貸し会議室」と「レンタルスタジオ」...

物件を持つリスクがある件

これは当たり前の話ではありますが、賃貸でレンタルスペースを運営している場合は毎月家賃が発生します。光熱費や雑費、広告費など他にも数万円単位のお金がかかるかもしれません。

安定した売上・利益が出ていたら問題ないですが、毎月トントンみたいな状況だとちょっと怖いです。月によってはマイナス!なんてことがあったら気が気じゃないでしょう。

逆に考えると、人件費や食材費もかからないレンタルスペースは店舗ビジネスの中でいうと断トツに固定費が低いです。

レンタルスペースは物件を持つリスクはありますが、固定費が低いため利益が取りやすいビジネスです。

合わせて読みたい
物件の家賃って毎月のことだからマジでちゃんと考えた方がよい
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は「物件の賃料」について、詳しく分析していきます。いくら良い物件だとしても、予算オーバーだとしたら無理して契約するのは「ちょっと待った」です。「月々の賃料」に対する考えをまと...

なんだかんだで手間がかかる件

不動産投資ってやったことありませんが、「物件を購入したらあとはほったらかしでお金が入る」と聞きます。レンタルスペースはそういうわけにはいきません。

レンタルスペースを運営するとなると、予約管理、顧客管理、売上管理、掃除、お客さんとのやり取りなど日々やることがあります。

ただレンタルスペースは自分がお店にいなくても売上が発生します。これはとても大きなことで、飲食店やエステのように営業中は誰かしらがお店にいないといけないということがないのです。

予約管理やメールのやり取りなど、ぼくのスペースではできる限りの自動化に成功しました。

ただすべてを自動化しているわけではなく、毎日スペースの掃除をしたり、はじめてのお客さんが来たら直接説明しに行ったりしています。そこは手間とは思わず運営するために必要なことだと思って取り組んでいます。

まとめ

今回は、 「レンタルスペースって稼ぎやすいけど、正直に問題点をお伝えします」について書きました。

レンタルスペースについての問題点はこの4つでしたね。

  • 物件が見つかりづらい
  • 売上が安定しない
  • 物件を持つリスクがある
  • なんだかんだで手間がかかる

たしかに問題点はありますが、それにあまりある魅力がレンタルスペースにはあると思っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_メルマガ