イベント主催者がレンタルスペース運営するのが一番なんじゃないか説

イベント主催者がレンタルスペース運営 思うこと

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、「イベント主催者がレンタルスペース運営するのが一番いいんじゃないか?」について書きます。

みつ
みつ

ぼく途中でイベンターになろうと思ったけど、なんだかなれなかった

ぽこ犬
ぽこ犬

人には向き不向きがあるからね

なんでイベント主催者がレンタルスペース運営?

なんでイベント主催者がレンタルスペースを運営するのが良いかというと、

自分でイベントを企画してスペースの予約を埋められるから!

これってけっこう最強で、もし「来週はスペースの枠に空きがあるなぁ…。」なんてことがあったら、自分でイベントを企画して開催してしまえば良いのです。

自分で予約枠を埋められるのは強い

通常のレンタルスペースでは、お客さんが予約をしてくれて枠が埋まっていきます。毎日毎日お客さんが予約をしてくれれば良いですが、よっぽどの大人気スペースでない限り、24時間365日予約が埋まることはないのです。

協力なライバル店が出てきたり、そもそもスペースの人気がなくてあまり予約が入らない。「あとこれだけ予約が入らないと赤字になってしまうぞ!」そんなときに自分で予約枠を埋めて売上を上げられるとしたら、どうでしょう。

予約枠をコントロールできるなんて、めちゃめちゃすごいことです!予約枠を支配するものはレンタルスペースを制すです。

ぼくは自分でイベントをやることはない、というかできなかったので羨ましいです!

レンタルスペースで貸し出すより、自分でイベントやる方が儲かる

イベント主催者は自分でイベントを開催することで、予約枠をコントロールできます。しかも、普通に貸し出すより、自分でイベントを開催した方が利益を取りやすいです。

たとえば20人ぐらいが入れるレンタルスペース。1時間3,000円で貸し出しているとします。3時間の予約が入ると9,000円の売り上げとなります。

これをもし自分で主催した場合、参加人数20人、参加費3,000円で売上6万円です。飲食代や受付スタッフや司会進行の人件費などかかりますが、半分の3万円ぐらいは残りそうです。

でもイベントを開催するのが大変

人に貸すと9,000円、自分で使うと3万円の利益。そう考えるとイベント主催ってボロい商売だなと思いました。(一瞬だけ!)

でも問題なのが、10人とか20人とかそれだけの人数を集めイベントを開催する。しかもそれを一度だけでなく毎週とか定期的にやる。というのがめちゃめちゃ難しいのです。

1回だけのイベントであれば、そこらへんの友だちに「今度こんなイベントをやるから来てよ」と誘えるかもしれません。

でもこれを1回だけじゃなく、毎週やるとしたらどうでしょう?

毎週毎週、友だちにLINEを送るのは正直ツラいです。というか毎週毎週イベントの誘いが来る友だちはもっとツラいです。というかウザいです。

毎週参加してもいいぐらいすごい面白い内容であればいいかもですが、なかなかそんなものってありません。すごい興味があったとしても、スケジュール的にも金銭的にも毎週ってキツイです。

となると、新規の参加者を増やそう!となるのですが、どうやって増やしますか?

いろんなイベントで溢れかえっている昨今、流行りのSNSでチョロっと宣伝したぐらいでは誰も来ません。

そうです。イベントを定期的に開催するのは難しいのです。

イベントを定期的に開催するには、「面白い企画」「豊富な人脈」「発信力」「実行力」「仁徳?」・・・その他もろもろ必要なのです!(ぼくの知り合いで毎週どころか毎日イベント開催している方がいます。しかもどのイベントもほぼ満員!すごいです)

ぼくの場合は、

  1. レンタルスペース運営を始める
  2. 自分のスペースでイベントを主催しようとする

という流れだったので失敗しました。でも、

  1. もともとイベントを主催している。実績豊富
  2. レンタルスペース運営を始める

これだとイベントの開催は問題なく、あとはレンタルスペースの運営だけです。

イベント主催者がかかえる問題、それは場所!

ちょっと違う切り口から見ていきましょう。イベント主催者が抱える問題の1つとして、「場所の確保」です。

イベントを開催するには、当たり前ですが場所が必要です。場所を確保するためには、場所を探して予約する必要がありますが、希望の日時に空いていないかもしれません。

そうなると他の場所を探すことになったり日程をずらしたり、何かと面倒です。

でもそんなとき、自分が自由に使える場所があったらどうでしょう。好きなときに好きなだけ使いたい放題です!(厳密には他のお客さんの予約がある時間帯は使えませんが)

しかも自分のスペースであれば、わざわざこの時間は空いているか問い合わせる必要もないのです。

しかもタダ!(厳密には家賃を支払っていますが)

月に複数回イベントを開催しているような方は、それだけ場所代もかかっているでしょう。もしかしたら、自分でどこか借りてしまった方が安いなんてこともあるかもしれません。

自分がイベントをやりたい時間と、お客さんが予約してくる時間が被るのでは?」と思われるかもしれませんが、大丈夫です。

空き時間をレンタルスペースとして貸し出すというノウハウはぼくがすべて持っています。というかこのブログを隅から隅まで読めば、おそらくある程度のレベルまでいくと思います。

そんなこんなで、イベント主催者こそレンタルスペースを運営するべきだと強くおススメします。

まとめ

今回は、「イベント主催者がレンタルスペース運営するのが一番いいんじゃないか?」について書きました。

イベント主催者は、自分でイベントを企画してスペースの予約を埋められることができるのでおススメということでしたね。

最後までお読みいただきありがとうございました。