【無料メール講座】3大特典プレゼント中!

新店舗での売上を1日でも早く出すためにやるべきこと

新店舗で売上を出すためにやるべきこと新店舗リアルタイム報告

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、新店舗で1日でも早く売上を出すためにやるべきことについて書いていきます。

売上を出すためにやるべきこと

レンタルスペースを立ち上げる際、1日でも早く売上を上げる方法。それはずばり予約を受けられる環境を早く作ること。詳しく見ていきますね。

オープン前にやるべきこと

今回は6月2日にオープンということで、この日程は確定です。コンセプトを決めたり備品を揃えたり、いろいろとやることがありますが、オープン前から予約を受けられるようにする。これが大切です。

オープンしてからさあ集客しよう!ではなく、オープン前にどれだけ予約を埋められるか?ここを考えていきます。

6月2日のオープン日から予約を入れたい場合、遅くても5月中旬には予約受付を開始したいところです。ぼくの手が追っついておらずまだ受付開始ができていませんが、理想としては今すぐにでも受け入れるのが良いでしょう。

お客さんからしても、間際に予約開始と言われてもいやいやこっちにも予定あるぞとなります。

こちらの予約受付が遅れれば遅れるほど、初月の売上に影響してくるので、できるだけ早く予約受付をしたいところです。

ここで気をつけたいのが、どんな方法で予約を受け付けるか?そしてどうやって告知するか?ここも合わせて考える必要があります。

ここの導線が弱いと、予約開始したものの誰からも予約が入らないという悲しい事態になるかもしれません。詳しくは明日以降の記事で書いていきますね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_メルマガ