【無料メール講座】3大特典プレゼント中!

ついに新店舗がオープン!当日の様子をお伝えします

ついに新店舗オープン新店舗リアルタイム報告

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、新店舗がオープンした当日の様子をお伝えします。

新店舗のオープン当日

オープン初日から予約が2件入っていましたが、この日は現場に行っていません。支払いや鍵の開け方など事前に済ませていたため、現地対応なしでした。

初日の様子を書こうと思いましたが、あまり書けることがないので3号店について思うことや今後の展開について軽くまとめてみます。

3号店についての考え

3号店は設備や備品、運営にかかる労力を最小限にしてその分めちゃ安く提供しています。なので、ぼくの手間が極力かからないように運営する流れを考えていて、「楽に運営するにはどうすれば良いか?」ここに力を注ぎます。

手間がかかるのって、たとえば支払いの確認。支払いは基本クレジットカード決済にして、クレジットカードを持っていない人は銀行振り込み。でも銀行振込って振り込む側も確認する側も手間なので、スペース内に鍵付きのポストを設置して、そこにお金を投函してもらう。

3号店は「お客さんに気軽に安く使ってもらう」という方針なので、銀行振込だと手間と振込手数料がかかるので3号店のコンセプトに反しています。

なのでクレジットカードが使えない人は、スペース内のポストに投函という流れを基本にしていきます。(ポスト投函をしてくれず取りっぱぐれることが多ければ、そのときに対策を考えます)

3号店の今後の方向性

お客さんからの問い合わせで、「3号店は椅子はあるんですか?」「ヨガマットはあるんですか?」「フリーWiFiはあるんですか?」というような質問を受けました。

ぼくの回答はすべてありませんです。正直なところ椅子やヨガマットぐらいであれば3号店にも置けてしまいます。でもぼくはあえて置かない方向で考えていて、もし3号店の設備を充実させてしまうと設備を売りにしている2号店との差がなくなってしまいます。

そうなると価格が安い3号店に流れる可能性があり、結果3号店の売上が上がったとしても3店舗トータルで見たときの売上が下がる可能性が出てきます。

お客さんからすると、「椅子ぐらい置いてくれてもいいのに」とか「もう少し設備がちゃんとしていればいいのに」と思われるかもしれません。お客さんには申し訳ないですが、そこはすみませんとします。

また一度設備を揃えるとそこが基準となり、「もっともっと」となりキリがありません。設備を良くするのは簡単ですが、お客さんの満足度を維持するのが難しいところで、そのあたりのことも考えながら設計していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_メルマガ