【公式LINE】限定動画プレゼント中!

個人事業主だとしても店舗専用の銀行口座を作っておいた方が良い理由

専用の銀行口座を作るべきオープン準備

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、個人事業主だったとしても、レンタルスペース専用の銀行口座を作っておくべきということを書いていきます。

みつ
みつ

お金の管理だけはしっかりやっておいた方がいいよね

ぽこ犬
ぽこ犬

うん、1円を笑うものは1円に泣く

お店専用の口座は必ず作るべき

レンタルスペースを運営するにあたり、銀行口座は必須です。

すでにお持ちのプライベート口座を使うのではなく、レンタルスペース専用の口座を用意することを強くおススメします。

理由としては、プライベート口座と一緒にするとわけがわからなくなるから。個人事業主の場合、ただでさえ売上や経費の管理がごちゃごちゃになりがちなため、最低限口座をしっかりとわけて管理するべきです。

副業としてレンタルスペースをはじめるとしても、プライベートの口座とわけて管理した方が良いでしょう。

口座を作るべき理由

ぼくのスペースでは、支払い方法としてクレジットカード決済銀行振込のどちらかを選んでもらっています。

銀行振込の場合は入金確認が必要となるため、ぼくとしてはクレカのみにしたいところなのですが、意外にクレカを持っていない人が多いんです。

それとクレカを持っていても、ネット上で決済するのに抵抗があるという理由で銀行振込を希望される方が一定量いらっしゃいます。(クレカの方が楽だし振込手数料もかからないので、ぼくがお客さんだったら100%クレカ使うと思いますが)

さらにレンタルスペースのポータルサイトを利用する場合は、銀行口座は必須です。ポータルサイト上で発生した売上金は、ポータルサイトの運営会社からぼくらの銀行口座に振り込んでくるという流れが多いためです。

ちなみにレンタルスペースで売上を上げていくなら、ポータルサイトの登録は必須です。ぜひ登録しましょう。

あわせて読みたい
レンタルスペースの救世主「ポータルサイト」ありがたすぎる存在
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、「レンタルスペースを運用するなら登録必須であるポータルサイト」について書いていきます。ポータルサイトってなに?美味しいの?レンタルスペースで安定した売上をあげてい...

レンタルスペース専用の口座を作るべき

銀行口座が必須ということはご理解いただけたかと思いますが、なぜ専用の口座を作らないといけないのか?ということです。

正直なところ専用口座を作らなくても運営することはできますが、もしそうなった場合はお金の管理がめちゃめちゃになります。

1つの口座で管理となると、プライベートとレンタルスペースの入出金が入り乱れます。お客さんからの入金確認を行うのも一苦労でしょう。

そして1年に1回訪れる確定申告。これ口座をわけておかないと何が何だかよくわからなくて、申告するのにとんでもない時間がかかりそうです。ただでさえ確定申告って面倒なのに、そんなことになったら高確率で死にます。

それと、プライベートのお金と入り乱れることで、貯金額が増えたのはレンタルスペースの売上が上がったおかげなのか?別事業のおかげで増えたのか?自分が節約したから貯金が増えたのか?このあたりも管理できなくなります。

レンタルスペースの売上をしっかり管理することは、事業を回していくという観点から見ても重要です。

レンタルスペースはお小遣い稼ぎという立ち位置だったとしても、この事業ってちゃんと収益化しているのか?そのあたりはしっかりと見ておくべきです。もし将来、事業を拡大したい、会社を作りたいということであればなおさらです。

ぜひ専用口座を作り、お金の管理をしっかりしていきましょう。

まとめ

今回は、個人事業主だったとしても、レンタルスペース専用の銀行口座を作っておくべきということを書きました。

まずレンタルスペースを運営するには銀行口座は必須です。専用口座を作らないとお金の管理ができず、結果苦労することになります。事業としてやっていくからには、お金の管理がめちゃめちゃ重要という意識を持って取り組んでいきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_LINE