【公式LINE】限定動画プレゼント中!

SEO対策をする前に、難易度を調べることで見えてくるものとは?

SEO対策業者についてSEO対策

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、レンタルスペースのSEO難易度を調べてみるということを書いていきます。

SEO対策をする前にまずは難易度を調べてみよう

ネットからレンタルスペースの予約を獲得するためには、SEO対策は絶対です。検索キーワードによって、上位表示するための難易度が変わってくるので、対策する前にまずは難易度を調べてみようというお話をします。

もう1つここでお伝えしておきたいのは、

決して難易度だけにとらわれないで!

ということです。

難易度が低いとその分上位表示しやすいです。でも、そもそもそのキーワードで検索する人が誰もいなかったら、1位になったところで誰も見てくれません。

難易度だけでなく、月にどれだけ検索されるのか?という点も気にしておきましょう。

SEO対策って何?と思われた方は、↓の記事でわかりやすく解説しています。

あわせて読みたい
SEO対策ってよく聞くけど結局何のことなの?かんたんに解説します
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、SEO対策について、知識がない人でもわかるようにかんたんに説明していきます。みつSEO対策のこと最初セオって読んでいたけど、エスイーオーなんだなぽこ犬...

なんで難易度を調べるの?

なんでSEO対策をする前に難易度を調べるのか?ということですが、簡単にいうと心構えです。

たとえば、エベレストを登るのと高尾山を登るのとでは装備が変わってきます。(高尾山とは標高599m、ハイキングの延長ぐらいの感覚で登れる山です)

高尾山ぐらいであればTシャツに短パン、食糧がなくても登れそうですが、エベレストはそんな軽装備では登れません。途中で寒くなったり、お腹が空いて頂上までたどり着くのは難しいでしょう。というか確実に遭難して死にます。

SEO対策も同じです。ライバルが弱い簡単なキーワードであれば初心者がホームページを作るだけで上位表示されることもあります。

でもめちゃめちゃ難易度が高いキーワードだとしたら、初心者がいくらがんばっても上位表示させるのは無理です。100%無理とは言いませんが、半年ぐらい不眠不休の生活を覚悟した方が良いレベルです。

まずは自分が狙っている検索キーワードがどの程度のレベルなのか?ここを把握することで、今後自分でSEO対策をするのか、詳しい人に手伝ってもらうのか、方向性を決めていくと良いでしょう。

どれぐらいの難易度だと自分1人でできる?

検索キーワードのSEO難易度ですが、下記のサイトで調べられます。(無料です)

SEO難易度チェックツール | 無料SEOキーワード選定ツール集 rishirikonbu.jp
ディーボの無料SEOキーワード選定ツール集を&#208...

ここに調べたいキーワード、たとえば「横浜 レンタルスタジオ」と入れてcheckを押すと難易度が出てきます。

横浜のSEO難易度

レンタルスペースの難易度がめちゃ低いですね

0~100の範囲で難易度が表示(数字が大きい方が難しい)されますが、目安として20程度であれば初心者でも上位表示できる感覚です。

ちなみにぼくのレンタルスタジオは、「横浜 レンタルスタジオ」で5位に表示されます。(2年ぐらい前まで1位でしたが、スペースマーケットやインスタベースといったポータルサイトが強く追い抜かれてしまいました泣)

前に「横浜 貸し会議室」で上位表示を狙いましたが、半年ぐらいやってみて18位ぐらいまでいきました。(18位というのは2ページ目なので、上位表示とは言えません。。難易度23で上位表示成功、40で失敗ということでぼくのレベルは30ぐらいだと思っています)

他のエリアも調べてみました

ためしに都内の主要駅で調べてみました。

新宿のSEO難易度

どのキーワードも難易度高めです

渋谷のSEO難易度

貸し会議室の難易度がヤバいですね

東京のSEO難易度

貸し会議室は高いですが、あとはかなり低いです。レンタルスタジオに至っては難易度が低くて測定不能でした

池袋のSEO難易度

貸し会議室以外は、自分でなんとかなりそうです

大阪のSEO難易度

大阪も貸し会議室が高いんですね

東京や大阪というキーワードを例に出しましたが、実際に狙うキーワードってスペースの最寄駅です。「東京 貸し会議室」で上位表示させたい方というのは、スペースの最寄駅が東京駅の場合です。

品川って東京都ですが、品川の貸し会議室を探している人は「東京 貸し会議室」とは検索しません。おそらく「品川 貸し会議室」と検索するでしょう。検索するキーワードの選定にも注意しましょう。

ぜひご自身のスペースの最寄り駅でも難易度を調べてみてください。

難易度だけにとらわれないで!

難易度が低いキーワードは自分でも上位表示できます。でもちょっと待ってください。そのキーワードって月に何回ぐらい検索されていますか?

もし月2回とかめちゃめちゃ人気がないキーワードだったとしたら、たとえ1位になったところでホームページを見てもらえません。

SEOの難易度だけでなく、月に何回検索されるのか?ということも意識しておきましょう。(月の検索回数を調べる方法もあるので、記事にしますね)

それともう1つ。そのキーワードで検索する人って、予約につながる可能性が高いのか?ということです。

これってかなり大事で、たとえば横浜に貸し会議室を作ったとして、「横浜 貸し会議室」だとSEOの難易度が高いから、ライバルが少なそうな「横浜 レンタルスタジオ」で上げよう。

これはアウトです。「横浜 レンタルスタジオ」と検索する人の多くはダンスができるスペースを探しています。会議室は探していないのです。

そんな状況で貸し会議室が上位表示されていたとしても、予約にはつながりません。むしろ「なんで関係ないページが出てくるんだ邪魔だ」となります。

難易度だけに目を向けず、月に何回検索されているのか?見てもらったとして予約につながるのか?ということも合わせて考えていきましょう。

あわせて読みたい
検索結果1ページ目に表示されるだけで実際にアクセスは増えるのか?
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、検索結果の1ページ目に表示されるだけで実際にアクセスは増えるのか?ということを書きます。みつ自分のサイトが1ページ目に表示されたときはめちゃめちゃ嬉しかったなぁ...

まとめ

今回は、レンタルスペースのSEO難易度を調べてみてわかったことについて書いていきました。

SEO対策をする前に難易度を調べることは大事です。でも難易度だけにとらわれず、そのキーワードって月に何回検索されているの?とか見てもらえたとして実際に予約につながるのか?ということも含めて考える必要があります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_LINE