「時間がない」と言い訳する前に、この5つを試してみてください

時間がない人が試すべきこと 思うこと

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、「時間がない」と言い訳する前に試してみてほしい5つのことについて書いていきます。

みつ
みつ

時間を作るためには手段は選ばないぞ

ぽこ犬
ぽこ犬

おまえいつもは適当だが、たまにスイッチ入るよな

忙しくても時間を作る方法

レンタルスペースの運営に限らず、「やりたいことがあるけど取り組む時間がない」と言われる方が多くいますが、本当に時間がないのでしょうか?

もし時間がないことを言い訳にして行動しないのであれば、それはとてももったいないことです。

この記事では、ぼくが実践している時間の作り方をまとめてみました。

  1. 時間が一番大切という意識を持つ
  2. スキマ時間をうまく使う
  3. 速攻でやる
  4. 誘いを断る
  5. 持ち物を最小限にする

1つずつ見ていきますね。

❶ 時間が一番大切という意識を持つ

まず意識のお話なのですが、時間を作るためには時間がめちゃめちゃ大事だと認識すること。

ぼくの考えですが、お金に比べて時間の方が100倍ぐらい大事だと思っています。お金って使ってもまた稼げば増えますが、時間は減るしかありません。

無駄に時間を過ごしてしまうのはとてももったいないことで、どれだけ有意義に時間を過ごせるかが人生の幸福度につながるといってもいいでしょう。(せかせかとビジネスをする時間が有意義というわけではなく、ダラダラ過ごすのが人生の目的ということであればその時間は大切にするべきです)

繰り返しになりますが、時間を作るには時間が大切だという意識を持つこと。ぼくは時間の大切さを意識するようになって、自分の時間を作ることができました。

❷ スキマ時間をうまく使う

とはいっても、普通に仕事をしている人が「明日から3時間、自分の時間を作ろうといってもなかなかハードルが高い気がします。

ぼくの場合は、スキマ時間をフル活用しています。5分10分といったスキマ時間があれば、そこにやるべきことを埋め込みます。

ぼくの仕事の9割はスマホでできるようにしているので、スキマ時間があればレンタルスペースの管理でもブログの執筆でもスマホ1つでできてしまいます。 

1日の中で1時間まとまった時間を取るのは難しくても、10分のスキマ時間であれば1日に6回ぐらいは取れそうです。

スキマ時間がないという方は一度普段の生活を見直してみてください。スマホゲームや漫画、SNS閲覧などに使っている時間を合計すると1時間2時間になるかもしれません。

❸ 速攻でやる

これはぼくが徹底していることですが、何かやるべきことがあったら後回しにせずその場で即終わらせる。これを意識してから、自由な時間が大幅に増えました

人って面倒くさがり屋なので、1分で終わるような小さなことでも後回しにしがちです。事務的な書類を書くとか、誰かにメール返信するとか。

その場でやれば1分で終わることでも、後回しにすることで10倍時間がかかります。というのも、後回しにした時点で「後であれをやらなければいけない」と頭の片隅に残ります。

頭の中の一部がそのことで支配されるため、ふとした時にそのことを思い出してしまい、別のことをやっているときにパフォーマンスが下がってしまう

で、、、実際に手を付けるとなったとき、あれっこれってなんだったっけ?と思い出さないといけません。その場でやれば1分で終わることだったのに、1日、3日、1週間と放置している間にどうやって処理すれば良いのか、もう一度思い返すという作業が発生するのです。

実際に作業をする時間よりも、「後であれをやらなければいけない」と頭の中で思う時間の方が長いなんて、後回しにするメリットって1ミリもないんじゃないか?と気付いてから、やるべきことは即終わらせるようにしました。

❹ 誘いを断る

人からの誘いを断るようにしてから、自由な時間が増えました。

昔はフットワークが軽いというのがぼくの売りみたいなところがあり、友だちや知り合いに誘われたらとりあえず参加していました。

たしかに人脈や交友関係は増えましたが、自分を持っておらず人に合わせたような生き方だったような気がしています。

仲の良い友だちや上司に誘われて断りづらいときもあると思いますが、ぼくの場合は行きたくなかったら容赦なく断ります

とはいえ、容赦なく断れといきなり言われても無理だよと思われるかもしれないので、そのあたりの考え方については別途記事にしていきたいと思います。

❺ 持ち物を最小限にする

これは3か月ぐらい前に実践したことなんですが、自分が持っている持ち物の95%を処分しました。

もともと物が多いほうではなかったのですが、その中で95%を処分しました。今のぼくはミニマリストと呼べるぐらい所有物が少ないかもしれません。

処分したことによって時間が増えたのと、気分がめちゃめちゃスッキリしてストレスが減りました。

洋服、時計、アクセサリー、本、日用品など身の回りのありとあらゆる物を処分したのですが、今のところ物がなくて困ったということはありません。

ぼくが持っていた物の95%は不要な物だったということですが、それらがなくなることで不要なものに対して使っていた意識が、本当に必要なものにだけ向くようになりました。

ミニマリストについてはぼくの中でめちゃめちゃおススメなので、別記事で詳しく書かせていただきます!

まとめ

今回は、「時間がない」と言い訳する前に試してみてほしい5つのことについて書きました。

以下の5つを実践することで、時間を作ることができたということでしたね。

  1. 時間が一番大切という意識を持つ
  2. スキマ時間をうまく使う
  3. 速攻でやる
  4. 誘いを断る
  5. 持ち物を最小限にする

人によって効果は違うと思いますが、ぼくはこの方法で自由な時間を手に入れることができたので参考にしてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。