民泊を2年間運営して黒字化したけど、結局撤退することにした理由

2年間運営していた民泊を撤退した理由 民泊

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、民泊をに2年間運営して黒字化したけど撤退することにした理由を書いていきます。

みつ
みつ

東京オリンピックまでは民泊続けたい気もしたけどなぁ

ぽこ犬
ぽこ犬

まぁ良い判断だったと思うよ

民泊を撤退するまでの経緯

2年間運営していた民泊を先日撤退しました。理由としては、

  • 今後利益を出し続けられない可能性が出てきた
  • 人に任せて運営していたので自分の成長につながっていない
  • 物件のオーナーがヤバい奴だったので早く縁を切りたかった

この3点が主な理由です。1つずつ見ていきますね。(今後、レンタルスペースだけではなく民泊やコワーキングスペースについての記事も書いていく予定です。スペース運営という共通点があるのと、他の業態を知ることでレンタルスペースの良さや悪さを再認識できればと思っています)

あわせて読みたい
レンタルスペース運営で生活しているぼくの、これまでの失敗スペース
こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。今回は、レンタルスペース運営で生活しているぼくがこれまで立ち上げた失敗スペースについて書いていきます。みつ「失敗は成功のもと」なんていうが、失敗したそのときはツラいよな...

今後利益を出し続けられない可能性が出てきた

「今後民泊で利益が出しづらくなる」これが民泊を撤退しようと思った一番の理由です。ボランティアではなくビジネスとして民泊を運営していたので、利益を出せないとなると続けていくのは考えものです。

利益が出しづらくなった理由ですが、民泊の法律が変わり年間で180日までしか宿泊させちゃダメですという決まりができたからです。(『民泊新法』といって2018年6月から実施されています)

180日って、1年のうちの約半分です。180日を民泊で貸し出すとして、残り半分はどうすればいいんだ?と絶望してしまい撤退を決意した流れです。

そもそも民泊って、住居の中に使っていない空き部屋があってそこを泊まりたい人に貸し出してあげるという立ち位置です。

なので年間で180日しか貸し出せなくても痛手はないというか、成り立つんです。

でもぼくは民泊をビジネスとして運営していました。民泊のために賃貸物件を契約して、毎月家賃を支払っていたので、180日以上は民泊NGと言われても困ってしまうんです。

民泊ができない残りの180日をどうするか?たとえば「マンスリーマンションとして貸し出す」とか「時間貸しで運営する」といった方法もあります。

ただ、本当に売上を出せるのか見えないところが多く、ぼくはここに労力やリスクをかけたくなかったので撤退を決意しました。

人に任せて運営していたので自分の成長につながっていない

2年間民泊を運営していましたが、ほぼほぼ自分の稼働はありませんでした。民泊の主な仕事って、ゲスト(宿泊者)とのやり取りチェックアウト後の掃除なのですが、両方とも業者さんにお任せしていました。

自分が何もやらなくても運営できているというのはある意味理想的ですが、ぼくとしてはちょっと怖かったんです。

というのも、自分が民泊業界に精通していて、その上で自分の手をかけなくても運営して利益が上がっている。これならOKです。何かトラブルが起きたときでも対処できそうです。

でまぼくの状態って、民泊を立ち上げたものの最初から人に任せていて自分はよくわかっておらず運営していた。これって何か起きたときに、どうすることもできなさそうですよね。

よくわかっていないのに仮想通貨や株、不動産投資に手を出してしまって損をするというイメージに近いでしょうか。

民泊を運営しながらその業界について勉強することもできましたが、ぼくはそこに手をかけず放ったらかしの状態が続いてしまったのです。

民泊の運営代行会社ってたくさんあって、そこに丸投げしてしまえばあとは放ったらかしで回ってしまうので、ぼくはそれに甘んじてしまいました。

結果、自分の力だけでは売上や管理など制御できず、このまま続けていても自分自身の成長にもつながらないと判断して撤退することにしたのです。

物件のオーナーがヤバい奴だったので早く縁を切りたかった

これは物件を契約したあとで知ったことなのですが、物件のオーナーがなかなかのヤバい奴だったのです。

あまり詳細は書きませんが、ざっくりいうと刑務所の中で過ごしたことがあるものの、特に反省などせずにのうのうと暮らしている感じです。お金のためなら手段を選ばないタイプで、生粋の金の亡者といってもいいかもしれません。

ネットでオーナーのことを調べてみると、被害者の声が次から次へと。このオーナー、一体何人の人から被害届けを出されているんだ?というレベルです。

ぼくが契約した物件はオーナーから民泊の許可をされていました。でも許可してくれた理由が、「部屋が埋まってお金になればなんでもいいや」というノリなのです。

ぼく自身はきちんと物件の契約をして家賃を納めていましたが、その建物自体に違法性があった場合こっちまでとばっちりを受けてしまうのでは?という恐怖もありました。

これ以上このオーナーと関わるとろくなことが起きない気がする、と思ったのも撤退の1つの理由です。

まとめ

今回は、民泊をに2年間運営して黒字化したけど撤退することにした理由を書きました。

民泊を撤退した理由は以下の3つでした。

  • 今後利益を出し続けられない可能性が出てきた
  • 人に任せて運営していたので自分の成長につながっていない
  • 物件のオーナーがヤバい奴だったので早く縁を切りたかった

最後までお読みいただき、ありがとうございました。