【無料メール講座】3大特典プレゼント中!

詐欺物語【第3部の3話】iPhone詐欺〜被害者のはずが加害者に?〜

詐欺物語の第3部3話詐欺

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、ぼくが詐欺に遭った話の第3部3話を書いていきます

詐欺師にiPhoneを渡してしまう

アディの言葉を完全に信じたぼくは、iPhoneを契約しに行くことになります。

iPhoneの契約は簡単

iPhoneをゲットするために街に繰り出すぼくですが、アディの指示通りに動きます。

ドコモ、au、ソフトバンクの各ショップに行き、それぞれ2台ずつ契約する。iPadも購入できそうだったら合わせて契約する。(当時、個人が一度に購入できるのは1台か2台でした)

通話やネットは使わないため、一番安いプランで契約。本体は分割払いでクレジットカード決済にすれば、その場ではお金がかからずiPhoneを購入できる。

言われた通りにやってみると、全部で5台契約できました。(ソフトバンクは審査が通らず。代わりにauでiPad1台を契約)

この日購入した5台の合計額って、本体代だけで50万円以上もするんです。分割払いなので意識はしませんでしたが、こんな高額なものをぽっと出てきたよくわからん小太りに渡すなんて、今思うと恐ろしいですね。

詐欺師にiPhoneを渡す

「無事にiPhone契約しました」とアディに連絡して、会う約束をします。

車で来たアディですが、見知らぬ人物(なんだかとても太っていたので、ここでは『デブ男』と呼びます)が助手席に乗っていました。

会話もそこそこ、5台ものiPhone(うち1台はiPad)をアディ渡してその日はすぐに解散しました。

このiPhoneはぼくのもとには二度と戻って来ないのですが、そのときのぼくは「これで何もしないでも毎月5万円がもらえるぞ、わーい」となっていました

さらにiPhoneを渡すことになる

アディにiPhoneを渡したぼくですが、さらなる欲が湧いてきます。「5台渡して月に5万円だけど、もっとお金欲しいな」と考えるようになっていきました。人間の欲望って怖いですね。

でも個人でこれ以上のiPhoneを購入することはできません。アディに相談したところ、「携帯会社ではなく、AppleStoreであればいくらでもiPhoneを購入できますよ。AppleStoreで購入したものであれば、1台あたり月3万円は報酬が出せます」とのこと。

「その手があったか!しかも報酬高いのか!」とアディに感謝して、AppleStoreに出向きます。最初の5台は分割払いでしたが、AppleStoreでは一括購入です。

AppleStoreでも5台購入しました。1台あたり約12万円だったので、合計で60万円ほど。最初の5台と合わせると、すでに100万円以上の出費です。

さらにさらに渡そうとする

アディにiPhone10台を渡したぼくですが、カモ吉からこんなことを言われます。

「個人だとiPhone5台しか買えませんでしたが、会社を作ることでもっとiPhoneを買えるようになりました。アディさんに会社の作り方を教えてもらって、実際に会社を作りました」

カモ吉は会社を作ることで、法人契約でiPhoneを20台契約したのです。

個人で契約した5台と合わせて合計25台のiPhoneをアディに渡していました。それだけで月に50万円ぐらいの収入になっているようです。

ぼくもアディから会社の作り方を教えてもらいましたが、作っている途中で詐欺ということに気付き会社設立は幻に終わりました。

まとめ

今回は、ぼくが詐欺に遭った話の第3部3話を書きました。

欲望にまみれたぼくは次々にiPhoneを渡していきます。まだまだぼくの欲望は止まらず、次回はさらにお金を費やしていきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_メルマガ