【無料メール講座】3大特典プレゼント中!

お客さんに最適なスペースを選んでもらうためにやるべきこと

お客さんに最適なスペースを選んでもらうために多店舗展開

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、複数ある店舗の中からお客さんに最適なスペースを選んでもらうためにやるべきことについて書いていきます。

お客さんに最適なスペースを選んでもらう

新店舗である3号店をオープンしてから1週間。売上も順調に伸びていますが、ここで1号店や2号店といった既存店も含めての見せ方について見直します。

複数のスペースの中からお客さんにとって最適なスペースを選んでもらいたいので、そのためにできることを考えました。

既存店と新店舗の差別化

3号店は「手軽に格安で」というコンセプトで、これまでの店舗と比べて一番安くしました。その分、設備や備品を最低限に抑えています。

とにかく安く使いたいという人は3号店に流れます。もっと広い方が良かったり、設備が充実しているスペースが良いということであれば1号店や2号店を選択されます。

設備や価格を変えることで各店舗に差をつけたのですが、大事なのはこの違いをお客さんに正しく伝えることです。自分としては差別化したつもりでも、それが正しくお客さんに伝わっていなければ需要に合ったスペースを選んでもらえないかもしれません。

ぼくら運営者の役割としては、「複数のスペースがあるけど、あなたに最適なスペースはここですよ」ということをお客さんに迷わせないで伝えてあげることです。

そのためにホームページの見せ方を工夫したり、各店舗の特徴を表にして一目でわかるようにしたり。お客さんがストレスなく自分に一番合ったスペースを選べるという環境を作ってあげることが必要です。

そういった意味では、まだまだお客さんを迷わせてしまう部分がありそうです。「価格が安いから3号店を予約したけど、本当はモニターを見ながらダンスがしたかった」とか「ちょっと高くても広いスペースの方が良かった」とかそういったミスマッチが起こらないよう、ホームページの作りからメール案内、スペース内に貼ってあるチラシ、店舗カードなどいま一度見直します。

ビフォーアフターみたく、ここをこう直したということを今後共有させてもらえたらと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

レンタルスペース最強の運営術_Twitter

レンタルスペース最強の運営術_YouTube

レンタルスペース最強の運営術_音声

レンタルスペース最強の運営術_メルマガ