新規客につなげるために!看板の中で「立て看板」が最強な理由

立て看板最強説 看板

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、看板から新規客につなげるなら立て看板が最強である、ということを書きます。

みつ
みつ

立て看板置きたいけど、うちのところ置くスペースないんだよなぁ

ぽこ犬
ぽこ犬

まぁおまえのところ人通り少ないし、立て看板なくてもいいだろう

立て看板が最強な理由

立て看板は、看板の中で新規客にもっともつながりやすい看板です。

その理由はずばり

通行人に一番見てもらいやすいから!!

立て看板が最強な理由を詳しく見ていきますね

まず立て看板ってどんなものか?

立て看板っていわれて、イメージは付くでしょうか?お店の前によく立っている↓こんなやつです。

立て看板イメージ

街でよく見かけると思います

飲食店や美容室、エステなんかでよく使われています。この看板を見てお店に入ろうと決める方も多いのではないでしょうか。

目に付きやすい位置にある

立て看板は通行人の目に付きやすいのですが、その理由として人間が歩いているときの目線の位置にあるからです。

街を歩いているとき、どこを見ていますか?まっすぐかやや斜め下という方が多いのではないでしょうか。

お店の入り口に設置されているメイン看板って、自分の身長より高い位置にあります。これって、普段歩いているときに目に入りますか?意識的に上を向いていないと、おそらく目に入らないと思います。

その点、立て看板は地面に設置されています。高さに差はありますが1~1.5mぐらい。ちょうど歩いているときの目線の範囲に入るのです。

目に付くような工夫がしやすい

街を歩いていると、看板以外にもいろんな情報で溢れかえっています。そんな中、看板に目を付けてもらうのってなかなか難しいのが現状です。

では何気なく歩いていて、目に付く看板ってどんなものでしょうか?その1つとして手書きの看板が挙げられます。

人間ってなにか普通と違う違和感を感じると、意識して見てしまうという習性があります。

違和感を感じさせるにはどうすれば良いのか?そうです、手書きで看板を作るのです。

綺麗に作られた看板より、素人っぽくても手書きで書かれたものの方が目に付いたりしませんか?むしろ下手な方が印象に残ったりします。

入口のメイン看板を手書きというのは難しいですが、立て看板であれば手書きで作ることも可能です。

お店の魅力を伝えやすい

お店のメイン看板は新規客を呼び込むというより、「ここにお店がありますよ」と知らせる目印的な役割です。

一方の立て看板は、「このお店はこんな魅力がありますよ」と知らせる客引き番長的な役割があります。立て看板でお店の情報を確認して入店、という経験がある方も多いと思います。

お店のコンセプトやメニューを載せたり、割引やキャンペーンのお知らせをする、立て看板にチラシを設置するなど幅広く活用できます。

レンタルスペースの立て看板であれば、1時間あたりの料金や営業時間、予約方法、スペースの写真なんかを載せるといいんじゃないでしょうか。

まとめ

今回は、看板から新規客につなげるなら立て看板が最強である、ということを書きました。

立て看板は通行人の目に付きやすいので、新規のお客さんを呼び込むのに最適です。

今調べたら楽天やアマゾンで安いのだと4000円ぐらいで売っていましたので、ぜひ試してみてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。