なぜレンタルスペース運営はネットビジネスよりも稼ぎやすいのか?

ネットビジネスより稼げるレンタルスペース運営 思うこと

こんにちは!レンタルスペース運営者の「みつ」です。

今回は、なぜレンタルスペース運営はネットビジネスよりも稼ぎやすいのか?というお話をしていきます。

みつ
みつ

レンタルスペース運営で稼ぐのはイージーだな

ぽこ犬
ぽこ犬

お前あんまり無責任なこと言っているといつかバッシングされるぞ

なぜレンタルスペース運営って稼ぎやすいのか?

ネットビジネスをやっている人で月5,000円以上稼いでいるのは全体の5%と言われています。

つまり95%の人が月に5,000円も稼げていないという。実に残念な状況です。(よく言われていることだけど、本当かな)

一方のレンタルスペース運営ですが、1店舗につき月10~20万円の利益を出している人が多いです。(すべてのレンタルスペースの平均を出したわけではなく、あくまでぼくのまわりのデータということをご了承ください)

この記事では、ネットビジネスとレンタルスペース運営を比較しながら、なぜレンタルスペース運営は稼ぎやすいのか?を考えていきます。

(※動画でもまとめてみたのでご覧ください)

なぜレンタルスペース運営はネットビジネスよりも稼ぎやすいのか?

なぜネットビジネスをやる人が多いのか?

まず初めに、ネットビジネスで稼いでいる人が圧倒的に少ない中、なぜみんなネットビジネスをやりたがるのか?いくつか理由を挙げてみます。

1.参入するハードルが高い

ネットビジネスは、パソコン1台、最近だとスマホ1台あればすぐに始められるぐらい、参入するためのハードルが低いです。

ネットビジネスといっても幅広いですが、初期費用0円で始められたり、やろうと思ったら今すぐにでも始めれるぐらいお手軽なものもあります。

2.実際に稼いでいる人がいる

ブログやアフィリエイト、YouTube、転売、FXといったネットビジネスで稼いでいる人は実際に存在します。

月100万円ぐらいであれば、相当数の人が達成しているでしょう。中には月500万円、1,000万円も稼いでいる人もいる世界です。

サラリーマンやアルバイトで月100万円を稼ぐのはなかなか難しいですが、ネットビジネスであれば月100万円も夢じゃないと思われる方が多いように見えます。

3.楽に稼いでいる(ように見える)

ネットビジネスで稼いでいる人って、自由に生活しているイメージがありませんか?

ネットビジネスのおかげで毎日好きなことをして暮らしています」というに見せている人が多いように思います。

なぜネットビジネスは稼げないのか?

次に、なぜネットビジネスをやっても稼げないのか?ということを考えてみます。

1.ライバルが多すぎる

簡単に参入できる分、ライバルがめちゃめちゃ多いです。

ブログでもアフィリエイトでもYouTubeでも転売でもFXでも、取り組んでいる人は山ほどいます。

2.情報が多すぎる

たとえば、「アフィリエイト 稼ぎ方」と調べるとものすごい数のサイトが出てきます。

その中から自分にあった方法を探すだけでも一苦労。1つに決めて取り組んだとしても、ちょっとやってみて成果が出ないと他の情報も気になったりして、結局長続きしないという。

3.詐欺も多い

お金をだまし取ってやろうという悪質なものは当然詐欺と言えますが、ここでは、「初心者に対して価値のない情報を高額で販売している」場合も詐欺と定義します。

スマホ1台で〇万円稼げます」とか「初心者でも確実に〇万円稼げます」というような話ってたくさんあると思いますが、そのほとんどが大したことがない情報です。(実際にぼく自身がそういった情報を発信している人たちに接触し、電話で話を聞いたり直接会いに行きました)

ネットで調べれば大抵の情報は無料で手に入ります。そんな中、稼げるノウハウを30万円、50万円、80万円といった高額で販売している人がたくさんいますが、ぼくが見た限りでは金額に見合うぐらいの価値はありません。

すべての情報が詐欺とは言いませんが、少なくても初心者相手にそれだけの高額を請求してくる時点で詐欺だと思った方がいいかもしれません。

4.継続するのが難しい

ネットビジネスって楽に稼げるようなイメージがありますが、実際のところ相当な努力が必要です。

たとえば、YouTubeって好きなことをやって楽しく稼いでいるように見えるかもしれませんが、結果を出している人はものすごい数の行動をしています。(有名人や一部の天才は除きます)

最初から質の高い動画を作れたわけではありません。誰も再生してくれないという状況から、試行錯誤を繰り返して何度も何度も動画を作り続ける。少しずつ再生数が伸びてきて、人気チャンネルになるという感じです。

ブログにしても10記事だけ書いたところで結果が出るわけはなく、量をこなして質を上げていき徐々に成果が出てきます。

ほとんどの人が成果が出る前に辞めてしまうので、大半の人がネットビジネスで稼げないという状況です。

レンタルスペース運営はなんで稼ぎやすいの?

次にレンタルスペース運営についでですが、結論からお伝えすると正直めちゃめちゃ稼ぎやすいです。いくつか稼ぎやすい理由があるので1つずつ見ていきますね。

1.ライバルが少ない

レンタルスペースの数って、2020年3月時点で全国に約13,000件あります。(スペースマーケットというポータルサイトに掲載されている数なので、実際にはもう少し多いと思います)

一番多いのが東京都で5,000件、次に大阪府で1,500件。この時点で全国にあるレンタルスペースの半数を占めています。

神奈川県800件、愛知県500件、福岡県400件と、全国的に大きめな都市でもこのぐらいの件数です。

しかも、このレンタルスペースのほとんどが貸し会議室かパーティールーム。ダンスやトレーニング、撮影、整体ができるスペースにするなど、コンセプトを変えるだけで差別化につながります。

あとネットビジネスに比べてライバルが少ない理由として、レンタルスペースを開業するにはある程度のまとまったお金が必要だからです。

物件にもよりますが、50~100万円ぐらいは見ておいた方がいいでしょう。

それと、そもそもレンタルスペースの認知度が低いため、ライバルが少ないということもあります。どこかで見たデータですが(信憑性がなくてすみません)、レンタルスペースの認知度はたったの5%とのこと。

一般的にあまり認知されていないため、ライバルも少ないんですね。

認知度が5%ということについてポジティブに考えると、あと95%の伸びしろがあるということ。今後どのぐらい伸びていくか楽しみです。

2.ライバルが弱い

どんな人がレンタルスペースを運営をしているかというと、

レンタルスペース運営している人
  • 物件の所有者
  • 投資家
  • 会社員が副業として
  • 運営代行会社

という感じです。

物件の所有者、投資家、会社員がレンタルスペースを運営していることが多いように見ていますが、そういった方たちは運営代行会社に運営を依頼していたりします。

運営代行会社は数多くのレンタルスペースを運営しているため、そういった意味では実績や経験は豊富です。

お客さん対応や掃除の代行はしてくれますが、レンタルスペースの売上を上げるための「集客」の部分が弱いのが現状です。

ぼく自身、レンタルスペースの運営で食べていっている身ということもあり、どうすれば予約が入るのか?という集客の部分を日々研究しています。

そうなると、集客が弱い運営代行会社と比べると結果を出すことができているという状況です。

3.手離れしやすい

レンタルスペース運営は手離れがしやすいビジネスです。

開業するまでは正直大変ですが、一度開業してしまえば運営自体は楽だったりします。

ぼくは6店舗のレンタルスペースを運営していますが、月10時間ほどの稼働でまわすことができています。

ネットビジネスだと、ブログやYouTubeを投稿し続けたり、転売の出品や発送作業に追われたり、パソコンに張り付いてFXをやったり、何かと大変です。

続けるのが難しく成果が出ずに辞めてしまう人も多いですが、レンタルスペース運営であれば継続率は高いです。

赤字となってしまうと続けるのが難しいと思いますが、そうでなければ基本的に続けることができる、というかスペースを営業していれば勝手に予約が入ってきます。

ぼくらは今後どうしていくべきか?

ネットビジネスは稼ぎづらい、レンタルスペース運営は稼ぎやすいというお話をしてきましたが、「じゃあレンタルスペース運営をやるべきか?」と言われると、決してそういうわけではありません。

レンタルスペースを開業するには初期費用がかかりますし、今現在はレンタルスペース可能な物件が少ないということもあり、やりたくてもできない可能性があります。

また、今は利益が出ていますが数年後はどうなっているかわかりません。

大事なのはレンタルスペースをやることではなく、自分自身で情報収集をすることで視野を広げることだと思っています。

ネットビジネスは稼ぎやすい」と言っている人がいたら、それは本当なのか?と自分で判断できるような知識や情報を持っていれば間違った方向に進まなくてすみます。(ネットビジネスがダメといっているわけではなく、人が言うことをそのまま信じてしまう思考停止のような状態が危険と思っています)

また、情報収集をするだけでダメで、自分がいいと思ったものがあれば実際に行動してみる。行動しないと何も始まらないので、そこは重要です。

行動すると失敗したり、壁にぶち当たったり必ず何かしら問題が起きます。ただ、それを乗り越えるために試行錯誤することで、成長につながり、結果成果が出てくるという流れです。

レンタルスペースは手段の1つであって、これをやれば必ず成功するというわけではありません。

実際に運営しているぼくからすると稼ぎやすいビジネスだと思っていますが、そこは1つの選択肢ととらえていただき、広い視野で見てもらえたらと思っています。

レンタルスペースについて、詳しく知りたい方はぼくにお問合わせいただくか、下記のnoteに詳しくまとめているので、参考にしてみてください。

月10時間の稼働で給料の5倍を稼いだ最強の副業【レンタルスペース運営で月100万円を稼ぐまでにやったこと】

お問合わせはこちら

まとめ

今回は、なぜレンタルスペース運営はネットビジネスよりも稼ぎやすいのか?というお話をさせていただきました。

ざっくりまとめると、

  • ネットビジネスは稼ぎづらい
  • レンタルスペースは稼ぎやすい
  • でも大事なのは自分で考えて行動するということ

ということでしたね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。